生活お役立ち情報館 golfaroundjp.com

生活お役立ち情報館


golfaroundjp.com
トップ

What's New

運営者情報

ネットコムセックが過大請求を返納

ネットコムセックが自発的に調査し、自主申告して返納したことは評価できるが、過大請求した35億円という額は国民の血税であることを忘れてはならない。防衛省がこの金額の妥当性を判断出来なかったのかということは気になるが、防衛備品という独占的な面を考えると支払わざるを得なかったのだろうか。ニュースを見る限り、防衛省に不正があったようには見えない。しかし、過去にも同じように過大請求があったということであるから、もう少し慎重になってほしいとは思う。過大請求した35億円と延滞金、違約金で約74億円。正規に請求していれば悪評にもならず損益にもならなかったろう。ネットコムセックは心を入れ替えて今後の事業を頑張ってもらいたい。

脱法ハーブが事実上違法である点を示すべき

東京・池袋の繁華街を暴走した車が8人を死傷させた事件で、逮捕された男は脱法ハーブを使用していました。これを受けて、古屋圭司国家公安委員長は記者会見で、「『脱法』は誤解を招くため、ネーミングも含めて対策や規制の在り方を厚生労働相と議論したい」旨、述べています。たしかに、「脱法」とは、うまく法の裏をかくという意味があるため、この言葉そのものにも事実上違法である点が曖昧化される危険性があります。しかし、それだけではなく、「ハーブ」という言葉にも呼称変更の検討が必要な気がします。もっと格好悪い名称にすべきです。公安委員長はもっと積極的に、ハーブなど脱法ドラッグが単純所持も禁止されている点、事実上違法な麻薬である点を世の中に示すべきです。

特定法人の保育所運営排除に提言

現在、まだまだ保育所の設置が間に合っていない現状で、一部の地方自治体が株式会社の参入を認めていないという事を今回始めて知りました。私達子育て世代やこれから子育てを迎える若者にとっては、保育所運営がどこの団体であろうが、企業であろうが全く関係なく、生活していくために必要な術なのです。恐らく、地元企業以外の排除や現在の保育所運営団体の独占状況などから、踏み込めないでいるのかもしれませんが、不公平―公取委が提言している通り、本当の意味での子育て支援をするのであれば、特定法人の排除などを行わず、保育所自体を増やす計画に持って行ってほしいのもです。